生理の前後にバストアップする

生理の前後にバストアップする

生理,前後,バストアップ

 

生理の前に胸が張って大きくなる事があります。プロゲステロンが多く分泌される事で、妊娠の準備を始めた身体は乳腺が成長していくためです。生理前に胸が張るのは子宮の動きが盛んになる事も原因であるが、乳腺も発達する時期でもあるからです。

 

生理前は水分を身体に溜め込みやすくなっていて、プロゲステロンは乳腺にも働きバストも水分を含んでむくんでいる状態と同じになります。バストのサイズが変わる事が多く、変化が大きい人になると約20%も増量します。

 

生理後になるとプロゲステロンの分泌量が減るため、バストのサイズが縮んでしまいます。そのため大きくさせるために、睡眠をしかっりと摂る事です。女性ホルモンの分泌量を増やすと大きくなるため、増えやすい時間帯は寝るようにする事です。

 

その時間が夜の10時から夜中の2時になり、この時間は就寝する事です。またバストアップのために需要なタンパク質を多く含む食品を摂取する事で、大豆製品が特に女性ホルモンの1種のエストロゲンに似たイソフラボンが多く含まれているため効果的です。

 

1度に沢山摂取してもバストが直ぐに大きくなるわけではないため、数回に分けて摂取するようにします。このため、毎食時にタンパク質を含む食品を食べるようにしましょう。

卒乳後にバストアップする方法

生理,前後,バストアップ

 

卒乳後には胸の形が崩れたり、小さくなってしまって悩む人が多いです。原因は女性ホルモンで、妊娠中から授乳中はプロラクチンと言うホルモンの影響で乳腺が発達してバストが大きくなっていきます。プロラクチンは母乳を作るために大切で、卒乳後は必要がなくなるためプロラクチンの分泌もなくなり、乳腺もしぼんでしまいます。

 

産後は生活が乱れやすいため、それが原因で女性ホルモンが乱れやすいです。そこでバストアップさせるための方法としては、マッサージを行う事です。バスストの位置を元の状態に戻すには、内側と外側からケアを行う事です。

 

外側からのケアの方法には、おっぱい体操でセルフケアマッサージを行うのです。リンパの流れや血流を促す効果があり、バストに必要な栄養素や女性ホルモンが乳腺に届けられるようになります。豊胸効果のあるツボを押して刺激する事で、入浴中や入浴後等の代謝が良くなっている時の行うと効果が高まります。

 

エステサロンでバストアップメニューを受ける事で、サロンによって受けられるメニューは異なっています。光豊胸はバストに特殊な波長の光を当てる事で、胸の細胞を大きくしてバストアップする方法です。メスを入れずに行うので、痛みや後遺症がないのがメリットです。

 

ラジオ波はバストの深部を温めて、バストに栄養が行き渡りやすいようにして胸を大きくしていきます。

矯正ブラのおすすめはコレ!トップページへ胸の形や大きさて悩んでいる方や女性らしいメリハリボディを手に入れたい方はトップページで当サイトおすすめの矯正ブラを確認してみてください。